フレブルに合うドッグフードの選び方5(アレルギー源になりやすい食材がなるべく入っていないもの)

フレブルに合うドッグフードの選び方5(アレルギー源になりやすい食材がなるべく入っていないもの)

アレルギー源がなるべく入っていないドッグフードを選ぶのもよいでしょう。

フレンチブルドッグが食事でアレルギー源を摂取し、アレルギーになると次のような症状がでてきます。

  • 体をかゆがる、よくなめる
  • 皮膚が赤くなる
  • 耳がかゆくなる、汚れやすい
  • 目が赤くなる
  • ウンチがゆるくなる

犬の三大アレルギーとされる、「アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」「ノミアレルギー」。

その中でも環境の中に存在するアレルゲン物質が関与するアトピー性皮膚炎が最も多く、次いで食物アレルギーが発生しやすい傾向があるといわれています。

 

食物アレルギーは、検査によってアレルギー源となる食物を特定することができます。

獣医師さんに相談した上で検査をすることをおすすめします。

 

参考までにアレルギー源になりやすいものを掲載いたします。

ただし、これらはすべてのフレンチブルドッグにあてはまるわけではなく、例えばとうもろこしは腸内環境を整える役目もあり栄養が豊富に含まれていることから食べさせておきたい食物のひとつでもあります。

アレルギー源になりやすい食物

  • 穀物(小麦、大豆、とうもろこし)
  • 動物性タンパク質(卵、鶏、牛)
  • 乳製品

動物は、牛肉が最もアレルギーになりやすく、その次に乳製品、鶏肉、小麦の順にアレルギーになりやすい傾向にあります。

もし、アレルギーの疑いがあるのなら、前述のとおり獣医師さんに相談した上で検査をすることをおすすめします。

また、アレルギーは複数のものを組み合わせることによって発症しにくくなるため、複数の肉が入っているものを選ぶのもおすすめです。

 

アレルギーの原因が食物でない場合にもかかわらず、やみくもにアレルギー源になりやすい食物を敬遠することは愛犬の健康長寿を妨げることにもなりかねません。

疑いのあるときは検査をしてアレルギー源を特定し、それ以外の身体によい栄養素の含まれた食物はなるべく多くの種類を食べさせてあげることが日々の健康と長寿へつながると考えられます。

블로그로 돌아가기